保育ネタ

【うた・童謡・唱歌】「残酷な天使のテーゼ」歌ってみた♬

子どもが大好きで色んな場面で活躍する「お歌」や「手遊び」。保育士や幼稚園教諭の皆さんはたくさん知っておきたいですよね!
今回はその中から、エヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』をシンガーソングライターの【近藤夏子】さんが紹介してくれています。ぜひ動画でチェックしてみてください。

残酷な天使のテーゼ

いつまでも歌い継がれる名曲。アニメ【エヴァンゲリオン】の主題歌として有名ですが、カラオケの人気曲でもあります。
曲が始まったときのワクワク感、サビのメロディーのインパクト、名曲と言われる理由がたくさん詰め込まれている一曲です。サウンドはかなりカッコいいアレンジになっていて、子どもだけじゃなく、大人にも刺さります。

歌詞

残酷な天使のように 少年よ 神話になれ
蒼い風がいま 胸のドアを叩いても
私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた
そっとふれるもの もとめることに夢中で
運命さえまだ知らない いたいけな瞳
だけどいつか気付くでしょう その背中には
遥か未来 めざすための羽根があること
残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ
ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら
この宇宙を抱いて輝く 少年よ 神話になれ

ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご
あなただけが 夢の使者に呼ばれる朝がくる
細い首筋を 月あかりが映してる
世界中の時を止めて 閉じこめたいけど
もしもふたり逢えたことに意味があるなら
私はそう 自由を知るためのバイブル
残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる
抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき
誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ

人は愛をつむぎながら歴史をつくる
女神なんてなれないまま 私は生きる
残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ
ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら
この宇宙を抱いて輝く 少年よ 神話になれ

ポイント

サビに音がたくさん詰まっているので、リズムをしっかり意識して歌いましょう。
流れるように歌うAメロ、何かがはじまるゾクゾク感を表現したいBメロ、からの、盛り上がるサビ。全部違う雰囲気が出せるようにできると良いです♪
サビの最後はとにかく思い切って歌い切る!!決まった!!と自分で思えるくらい思いっきり歌いましょう。