保育ネタ

【うた・童謡・唱歌】さよならぼくたちの幼稚園♬<振り付き>

子どもが大好きで色んな場面で活躍する「お歌」や「手遊び」。保育士や幼稚園教諭の皆さんはたくさん知っておきたいですよね!
今回はその中から『さよならぼくたちの幼稚園』をシンガーソングライターの【近藤夏子】さんが紹介してくれています。ぜひ動画でチェックしてみてください。

さよならぼくたちの幼稚園

卒園で歌われる合唱曲。メロディーも歌詞もとても感動します。子どもたちが歌っているのを想像すると、泣けてくるような曲です。
"幼稚園"の部分を"保育園"に変えて歌われるところもあります♪この曲にを聞いて子どもたちの成長もふりかえる。とても素敵な曲です♪

歌詞

たくさんの毎日を ここですごしてきたね
何度笑って 何度泣いて 何度かぜをひいて
たくさんの友達と ここで遊んできたね
どこで走って どこでころんで どこでけんかをして
さよなら ぼくたちの幼稚園
ぼくたちの遊んだ庭
桜の花びら ふるころは ランドセルの一年生

たくさんの毎日を ここですごしてきたね
うれしいことも かなしいことも きっと忘れない
たくさんの友達と ここで遊んできたね
水遊びも 雪だるまも ずっと忘れない
さよなら ぼくたちの幼稚園
ぼくたちの遊んだ庭
この次 遊びに来るときは ランドセルの一年生

さよなら ぼくたちの幼稚園
ぼくたちの遊んだ庭 桜の花びら ふるころは
ランドセルの一年生

ポイント

高音部分もありますが、歌い上げたり、声を張るという感じではなく、綺麗に想いを込めて歌うことを心がけましょう。
全体的に合唱曲を歌うときの声質を意識すると、綺麗に歌えて歌詞が映えます♪
サビの部分は高音が難しく感じるかもしれませんが、遠くへ歌うこと!これを一番意識してみましょう!子どもたちと歌うときも、大きな声というより、少し丁寧に綺麗に歌えるようにしてあげられるといいです♪