保育プラス

【ピアノ実技】<ゆりがごのうた>実技&レッスン【楽譜あり】

ピアノレッスンで意識するポイントは、「ゆっくり丁寧に何度も練習すること」が大切です。特にピアノが苦手な方ほど、練習するテンポが速かったり、両手で中々弾けないのに片手ずつ練習していないことが多い印象です。
まずは片手ずつゆっくり練習して、ある程度(ミスはするけど止まらず弾けるくらい)出来るようになったら、両手でゆっくり練習し、少しずつテンポを速くしましょう。

試験内容は?

全国保育士養成協議会のホームページを見ると、「幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする」とあります。求められる力としては、「保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること」と記載されています。

課題曲は?

1.あひるの行列(作詞:小林純一  作曲:中田喜直)
2.ゆりかごの歌(作詞:北原白秋 作曲:草川信)

注意点は?

課題曲はいずれか1曲ではなく、2曲共に演奏する必要があります。
歌詞は1番のみでOKです。

※細かな内容は令和3年保育士試験 受験申請の手引き[前期用]/全国保育士養成協議会を確認してください。

楽譜をダウンロード

令和3年(2021年)の保育士試験実技である『ゆりかごのうた』をピアニスト兼ピアノ講師のWATARUがアレンジを加えて実演しています。
楽譜も試験でそのまま演奏できるように作成していますので下記よりダウンローそして動画とセットで練習してください。

ダウンロード

※無断転載・複製を禁じます

ポイント

この曲はテンポがゆっくりなので走らない(速くならない)ことがポイントです。練習ではメトローノームを鳴らして練習してみましょう。
また、メトローノームを倍の速さの♩= 88にして練習したり、工夫して練習してみてください。