保育の学び

【11月の指導計画(月案)】文例とフォーマット<1歳児クラス>

2021年度版、【11月の指導計画(月案)】<1歳児クラス>となります。

 前月の子どもの姿、保育目標、「ねらい」「環境・構成」「予想される子どもの活動」「配慮じこう」を養護と教育(五領域)毎に記載。食育、健康安全、家庭や地域との連携など、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介!

【ほいくnote】月案_1歳児_2021年11月

前月の子どもの姿

友だちと同じことをして、一緒にやることにお互い喜んでいる。
身の回りのことが自分でできたことに喜び、自信を持って取り組もうとする。

保育目標

保育士や友だちに関心を持ちながら、一緒に好きな遊びを楽しむ。
戸外で体を動かして遊び、落ち葉や木の実に親しみを持ち、自然に触れ合う。


養護・教育(五領域)

ねらい

自分からおむつを脱いで排泄ができる。
保育士に気持ちを代弁してもらい、友だちとかかわろうとする。
身の回りのことを自分から行い、できたことを喜ぶ。
友だちに関心を持ち、同じことをする喜びを知り、楽しもうとする。
園庭や散歩などに積極的に出かけ、体を動かして遊ぶ。
自分から興味のあることを保育士や友だちに伝えようとする。
ちぎり絵に興味を持ち、指先を使った活動を楽しむ。

環境・構成

個々の排泄間隔やトイレに行きたいサインを理解し、排泄の成功体験から自信を育てる。
子どもの思いに共感し、保育士が代弁することで友だちの思いに気が付けるようにする。
自分でやりたい気持ちを大切にして、保育士は見守り、必要な時に援助する。
一緒であることを好むので、同じ玩具を複数用意しておく。
園庭やお散歩の行き先の安全点検を行う。
伝えたい気持ちを受け止め、二語分、三語文へと繋げられるよう、言葉を膨らませて語りかける。
何度も楽しめるように、素材を多めに用意しておく。

予想される子どもの活動

「出ない」と行きたがらない子もいる。
思い通りにならず、手が出たり、噛み付きが起こることもある。
衣服の着脱を保育士に見守られながら、自信を持って自分から取り組もうとする。
友だちと同じことをして楽しみ、笑い合ったりして喜んでいる。
戸外で体を動かして遊び、「よーいどん!」など、友だちと一緒にできることに喜んでいる。
二語文を話す子もいる。
紙をちぎると形が変わる面白さに気が付き、何度もやってみようとする。

配慮事項

トイレに行きたくない気持ちを受け止め、「行きたくなったら教えてね」など言葉をかけて様子を見る。
「いや」と言葉にできるよう、繰り返し伝え、相手に気持ちを伝えられるようにする。
着替える衣服の柄や絵などにこだわる子もいるので、保護者と連携して、子どもが自分で選べるように準備していただく。
パズルなど集中して遊ぶ場所と、ままごとなど友だちとかかわって遊ぶ場所などを分け、それぞれが落ち着いて過ごせるようにする。
散歩先で拾ってきた落ち葉や木の実を使って、手作り楽器などにし、秋の自然に親しみを持てるようにする。
ごっこ遊びの中でやり取りをしながら、イメージが膨らむような言葉を意識する。
ちぎったものを糊で貼る場合は、手拭きを用意しておく。

食育

保育士や友だちとの会話を楽しみながら、明るい雰囲気の中、食事を楽しむ。
食材の名前を知らせたり、食事に関する絵本を読んだりして、食事に興味が持てるようにする。
苦手な食材があると食事がなかなか進まないが、保育士や友だちとの会話を楽しむことで、いつの間にか完食している。
どうしても食べられない場合は、「これを食べたら終わりにしようね」など言葉をかけ、先の見通しを立てられるようにする。

健康・安全

戸外から室内に入る時は、自分から手を洗い、清潔にすることを気持ちが良いと知る。
個々の自我を認め、気持ちが満たされるよう、小グループに分けたりコーナーを設置して、安全に活動ができるよう配慮する。

保護者支援

着替えの衣服は多めに準備していただき、特定の柄や絵が好きな子もいる場合は、保護者の方と連携をし、好きな柄のものを多めに用意していただく。

今月のポイント

行事

文化の日
勤労感謝の日

手遊び・お歌

製作・折り紙

ダウンロード

すぐに使える月案【11月・1歳児クラス】

ダウンロード


その他の参考ノート